2015年3月9日月曜日

臨床歯周病学会 鷹岡先生講演

日曜日は仙台で開催された臨床歯周病学会に参加してきました。
演者は鷹岡竜一先生で「考える歯周治療」という内容でした。

自分の参加しているスタディグループで講演してもらったり
東京で年に一回開催している臨床歯科を語る会でお話をさせて貰った
ことは何度かありますが
改めてお話を聞くと本当に素晴らしい内容でした。

歯周病治療において
どこまで治せるのか、どこまでが手をつけるべきなのか
明確に説明されていて、その症例の10年後などしっかり資料をまとめて
ありました。

一つ一つの症例にしっかり向かって、経過をしっかり観察していく
中々出来ないことです。

自院において歯周治療を考えさせられた内容でした。
機会があれば、是非福島でも公演して欲しいですね。

たくさんの事を勉強させて貰い、元気を貰いました。

2015年3月7日土曜日

歯の土台について

虫歯などで神経の処置をして歯がほとんど無くなってしまった場合
かぶせ物をするのに土台が必要になります。

土台の事をコアと呼びますが、コアには種類があり
金属で作るコアをメタルコアといいます。
プラスチックで作るコアをレジンコアといいます

自院ではほとんどプラスチックのレジンコアでしかやってません。
(保険外はファイバーポストコアという特殊な土台をいれてます)

神経を取ると歯はもろくなってしまいそこに金属のコアが入ってしまうと
かみ合わせによっては割れる原因になることがあります。

多くの場合プラスチックコアの場合はコア丸ごと取れてきますが
メタルコアの場合は歯が折れてきます。

歯が折れてしまえば抜歯以外の選択肢は無くなってしまいます。
折れてなければまだ歯は使えるかもしれません。
その差は大きいです。

自分が参考にしている名古屋で開業されている先生のブログです
メタルコアの危険性について書かれてます。
参考にしてみてください。

http://eedental.jp/ee_diary/2015/03/post-1131.html

2015年3月2日月曜日

東京にてセミナー

昨日は東京にて「もくあみ会」というセミナーに出てきました。
東京は八重洲で開業しておられる金子一芳先生の主催している
セミナーです。

日曜日のみの参加でしたが、開始9時からなので前日入りしなくては
いけないのですがホテルを取り忘れていて、深夜バスにて東京入り。

大学時代は深夜バスで実家に帰ったことありますが、寝れませんね深夜バス。
多分もう深夜バスはやらないかな。。。と

内容は日常的に診療に頑張っておられる先生方が集まり様々な討論
特に犬歯の重要性に論点を絞っての内容でした。

ためになることも多く、最後は金子先生のお話でまとめだったのですが
時間が無く、ほとんど割愛されての内容、それでも80歳を超えた年齢で
多くの先生の前で発表されている姿はやはり素晴らしいと感じました。

参加された先生方お疲れ様でした。

写真は
深夜の那須塩原SA
もくあみ会様子
金子一芳先生発表風景です。