2015年11月20日金曜日

講演

先日とある歯科の講演を聴きました。
冊子に症例を載せている先生で、興味深い内容の演目だったので楽しみにしていたのですが

発表するスライドは文字ばかり・・・
いつ臨床写真、レントゲン写真が出るんだろう・・・・
結局は1枚だけしか出ませんでした。その写真もピンぼけ・・・(ノД`)

例えば
「丸い顔で丸い目、鼻も丸く鼻は赤、身体の色は青色、ヒゲが顔の右左に三本ずつ
お腹に三角のポケットがついていて首には鈴がついている
未来から来た猫型ロボット」
と説明するより下にあるイラストを一枚出した方が早いでしょう。

以前、熊本の恩師に言われたことがあります
「字だけのスライドならプリントして渡せ、皆の前で発表するなら臨床の臨場感を出せ」
まさにその通りだと思いました。

楽しみにしていた演目だっただけに少し(大分)がっかりして帰りました。



2015年11月17日火曜日

経過観察の重要性

 以前治療させてもらった患者さんが4年ぶりに来院しました。

当時10歳
右下の歯が腫れて来院されたのを覚えてます。
これ治るかなあ・・と思うぐらい歯がグラグラ、レントゲンを見ると骨も無い状態。
不安そうにしている彼女に、
「先生、頑張って治すからね」といって治療をしたのを覚えてます。

4年後のレントゲン写真は、しっかり骨も出来ていて安心しました。
こういうのを見ると、
歯科治療ってすごいんだよなあと自分の処置ながら思ってしまいました。

そして、経過を見るというのは非常に大切な事だと改めて感じました。
たわいもないお話でした。



追記、何人かの先生方から
「なんでかぶせ物にしなかったの?」という質問がありました。
当時、歯の動揺がひどく残せるかなあと思っていたのと、患者さん自身が
定期的に通えない環境にいたためコンポジットレジンで様子見をさせて貰って
ました。
そのまま4年が流れた訳です。
久しぶりに来てくれて嬉しかったです。

先生方、ご意見ありがとうございました。(o´∀`o)

2015年11月10日火曜日

日本臨床補綴研修会 修了

 今年一年かけて受講していた日本臨床補綴研修会がやっと終了しました。
顎関節の診断から始まり、咬合の考え方、義歯の設計や考え方など
内容盛りだくさんの研修会でした。

自分の臨床を色々と見直さなくてはいけないなと思いました。
来年も日曜だけですが聴講しようかと思ってます。

一年間支えてくれたスタッフや患者さんに感謝ですね。

写真は
授与式と症状
上野で食べたラーメン


2015年11月5日木曜日

保育所検診

二本松保育所の検診に行ってきました。
最近新しくなった保育所で、元々あった保育所に、違う保育所が合併して出来た
保育所です。
とても大きな施設で出来たばかりでとても綺麗です。

それにしても人数が180人・・・・多すぎです。
一人で180人検診はきつかったです。

以前の保育所で、保育士の先生に子供のかみ合わせなど色々な事を教えていたのを
しっかり学習してくれていたので非常に助かりました。

今までの検診だと
「この子、反対咬合だね、きをつけないとね」
「先生、反対?こうごう?って何ですか?」

今回は
「この子反対咬合だなあ」
「あ、ホントだ反対ですね、お母さんに簡単に説明しておきますね」
こんな感じ。講義したかいがありました^^

虫歯が無い子は本当に無いんですが、ある子はとにかくひどい。
口の中にも大きな差が生まれている感じでした。

写真は
保育園の様子。カメラを向けると皆ポーズを取るのがすごい可愛いです。
おかげで検診の疲れも少し減りました。

福島は色々な事がありますがそれにめげずに大きく育ってくれると良いなあと思って
施設を後にしました。



2015年10月30日金曜日

新潟スタディグループ参加

先日水曜日は診療時間を早めに切り上げ
新潟で参加しているスタディグループでお勉強してきました。
若い先生の発表ですが、資料をきっちりとっていて
見ていて「おお、すげえなあ」と思いました。
自分が同じ歳のときここまで臨床できてないなあと少し悲しくなりました。

発表はとてもよかったのですが、
上の先生にコテンパンにされてました。

発表後は皆と飲み会
歯科医師会の話
歯の話
歯に関連した話で12時過ぎまで飲みました。
大概、こういう集まりでは歯の話が8割を占めますね。

歯科医師会では、歯の話は1割もしませんが。。。

朝5時半に起きてシャワー浴びて、6時出発、9時の診療に間に合いましたが
最近はこのスケジュールは無理があるなあと思ってきました。

写真は
発表の様子と朝の磐越道の紅葉です。




2015年10月5日月曜日

義歯設計を学んできました

 土日は小出馨教授のセミナーを受けてきました。
早い物であと一回でこのセミナーも終わりです。
顎関節から始まり、今回は義歯の設計です。

どの歯に負担をかけ、どこまで義歯を広げ、そしてどういう咬合を与えるか
それを模型に書いて技工士に提出します。

実際、義歯の設計というのは非常に面倒くさいものなんです、
保険点数がほとんど無いこともあって真面目に設計を考える歯科医師と
いうのはほとんどいません。
恥ずかしながら、自分もその中の一人です。

それでは曖昧な設計では患者さんが不幸になってしまうため
しっかり勉強してきました。

今回の講義は義歯の設計が分かりやすく述べられている
なるほどおおおと思うこと一杯でした。

次回最終回、また東京に行ってきます〜。

2015年9月7日月曜日

日本臨床歯科補綴学会八ヶ月コース

先々週は大阪、昨日は東京で、日本歯科大学新潟歯学部の小出馨先
生のセミナーを受講してきました。
顎関節の触診診断から始まり、今回は総義歯の排列の実習でした。
残すところあと2回
小出先生の良いところは理論に基づいてお話されているところだと
思います。
色々勉強になりました。

最近休みがなさすぎて疲れが取れなくて困ってますが、臨床の話を
聞くと自分の仕事の励みになりますので頑張ります。

普段はギュウギュウ詰めの教室ですが、スケジュールが合わない先生が
多く、昨日は結構空いてましたので楽に授業を受けれました。

写真は、臼歯の咬合様式による食物の剪断の違いを説明している
小出教授です。

2015年8月31日月曜日

非歯原性疼痛

和嶋浩一先生(慶應義塾大学口腔外科)のハンズオンセミナーを受講してきました。
非歯原性疼痛とは簡単に言えば「歯の痛みではない歯痛というものがある」
ということです。
では、どうやって歯の痛みとそうでない痛みを見極めるかを実習を踏まえて行ってきました。
多くの場合は、ストレスによる噛みしめや、帯状疱疹など口腔内に出来る病気などによって
引き起こされることが多く、男女差では女性に多いそうです。

まだまだ、習うべき事が沢山あるなと実感しました。


2015年8月18日火曜日

エンドコース助手してきました。

8/8.9は例年、歯内療法セミナーの助手をしてきました。
例年思うのですが、こうやって土日を全国から来ている先生を相手に
教える立場ってすごく大変であり、そして勉強になります。
今年の受講生は例年になく皆真面目でそして熱心でした。

2日間つたない助手で申し訳無かったですが
参加された先生方、本当に楽しんでくれた様で良かったです。


2015年7月10日金曜日

臨床歯科を語る会参加

先日の日曜日は東京は府中で臨床歯科を語る会に参加してきました。
相変わらずの大賑わいでした。
あいにくの雨でしたが、会場は熱気でした。
10年症例といって10年経過した症例を発表している先生が多く
見受けられて、すごいなあと思いました。




2015年6月16日火曜日

勉強会

土日は東京にて勉強会参加でした。
スプリント治療といい顎の関節に症状きたしたときに使用する物の
調整の勉強です。
自分の歯形に作成して実際に自分の口にいれて調整していきます。
実際に顎が楽になる感じがしました。

顎関節症を訴える患者さんはけっして少なくないのですが
実際に顎関節症状を緩和出来る歯科医院は少ないと思います。

難しい分野ですので、しっかり勉強していきたいと思います。



さくらんぼ

患者さんからさくらんぼ頂きました。
これがまた甘くて本当に美味しい。
こんなに美味しい物を作ることが出来るってすごいなあ
と思いました。

歯科も技術が大事ですが、
農産物をつくるってのも本当に技術が大事だなと
しみじみ思いました。

2015年6月8日月曜日

TVから「良い歯医者とそうではない歯医者の差」

昨日もテレビで
「良い歯医者とそうではない歯医者の差」というテーマでやってましたが
中々興味深い内容でした。

全てほとんど当たり前の内容なのですが、特に3の「歯の写真を撮影」これは重要だと
思います。
毎回というのはやり過ぎですが、経過を見ていくことが重要なので患者さんの口腔内の写真は
資料としては必須です。

自分が参加させて貰っている福岡のセミナーでは最初に口腔内写真をしっかり撮ることを学ば
されます。
歯科診療を行うのにあたって一番重要なのは患者さん個々の口腔内を自分の考えで
整理することです。
診療室の限られた時間の中で患者さんの口腔内全てを把握するのは難しいです。
ですから口腔内写真が重要になってきます。
口腔内写真は自分の治療の反省をするためにも大きな資料となっていきます。
やったらやりっぱなしではいけないと思います。

1位の初診の診療時間が長い
確かにそうなのですが、初診だろうが再診だろうが、患者さんへの説明があれば
一人の診療時間は自ずと伸びます。
「初診の診療時間が長い」ではなく「歯科治療について説明の時間をちゃんと取ってくれる」
これが一位かと思います。
自院もそうなるようにがんばりたいと思います。

ただ、よくあるのですが、テレビでこう言っていたからこうだー!
には多くの歯科医院はなりません。各歯科医院やりやすいやり方があるわけです。
TVではこうであったほうが治療しやすいだろうなという項目をあくまであげている訳
なので、口腔内写真とらないから「ダメな歯医者」とは思わないでくださいね。

2015年6月6日土曜日

歯っぴーかむかむ

明日 6/7は本宮市えぽかにて歯科医師会主催の
「歯っぴーかむかむ」というイベントが行われます。
8回目になりました。
色々な景品や歯の診断などしてもらえますので
皆さん参加出来る方は是非参加してみてください。

自分はセミナーで残念ながら不在です。


ラバーダム

先日、ナインティナインの番組「世界のどっかにホウチ民」という
番組をたまたま見る機会がありました。

見たのはボリビアに置き去りにされた芸人がボリビアの歯科医院で歯を治す光景でした。
歯科の先生は開業して2年目らしくまだ若い先生。
直しているときに歯にゴムのカバーをされました。

嫌がる芸人「こ、こんなゴムするのか?」
そしてそれを見ていた
ナインティナインが「ボリビアでは歯にゴムのカバーするんだ」って大笑いしてました。

自分は逆にボリビアってすごい国だわ・・・って思いました。

しっかりとした治療をしている歯科医院ほど歯に対して唾液や雑菌が付着するのを嫌います。
このゴムは「ラバーダム」といい、歯に対してカバーして唾液の浸入を防ぐ物です。
決して特別な物でもなんでもなく、歯科医師なら皆しっている物です。
アメリカではこのラバーダムは必須で治療を行ってます。
自院でも全ての患者さんにではないですが、根管治療などで使用するときはあります。

日本的に有名な芸人であるナインティナイン
彼らが、このゴムを知らないで大笑いしているとなると、彼らが治療している歯科医院では
どのような治療が行われているんだろうかと思います。

テレビも普段見ませんが、他国の歯科治療がみれて良かったです。

写真はラバーダムによる防湿の実際の様子です。




上記番組のまとめサイトを教えて貰いました。
http://shinbishika-guide.com/bolivia/

2015年5月2日土曜日

日本歯科大学少林寺拳法部合同合宿に参加

自分が大学時代に所属していた部活は5月のGWの近辺に猪苗代で合宿を行います。
今回はそれに参加してきました。

自分の出身の大学、日本歯科大学は新潟と東京にあり、年に一回、新潟と東京の
同じ部活で親睦を深めるために合同で合宿をおこないます。

自分も久々の胴着を着て、100本ほど突きを気合いと共に若い学生さんと共に
突いてきました。
懐かしいなあとおもいつつ筋肉痛が心配になりました。

合宿地になる民宿も自分が学生の時にお世話になった民宿
自分が主将の時に民宿の部屋に落書きした物が今でも残っていて
「なつかしいーーー!」と思わず言ってしまいました。
当時入部した一年生のあだ名を「のぶ太」と名付け、部屋に落書きをしたことを思い出しました。
今から10数年前になるんだなと思いました。

今は、部活をする学生がかなり減ってきてしまっているみたいです。
自分も当時、部活を6年間も続けるとは思いませんでしたが、部活を続けることで様々な事を
学び、時には叱られたり、反抗したり、色々人生勉強をさせて貰いました。

少林寺拳法では練習を始める前に皆で斉唱する文言があります。

『己こそ己の寄るべ己を置きて誰に寄るべぞ。
よく整えし己こそまこと得難き寄るべなり。
自ら悪をなさば自ら汚れ
自ら悪をなさざれば自らが清し。
清きも清からざるも自らのことなり。
他のものに寄りて清むることを得ず。』

今更ながらに良いことを習っていたんだなと痛感してます。興味のある方は調べてみてください。

写真は合同合宿風景と知る人ぞ知る「のぶ太の部屋」です


近況報告

更新久しぶりです。
日曜日はほとんど方々へ出ていたのでヘトヘトです。

近況報告です。

3/29(日)は横浜歯科医師会会館で行われた歯内療法学会の研修会に参加
4/4、4/5は東京にて日本歯科大学新潟歯学部教授の小出馨先生のセミナー
4/16は福島のJIHADS福島に参加
4/19は東京にて顕微鏡歯科学会に参加してました。
4/28は新潟にてスタディグループに参加。

どの研修会、グループも歯科医師の皆さん本当に頑張っておられるなと感じます。

特に福島で参加させて貰っているJIADS福島(佐久間デンタル主催)

これは身近で勉強されている若い先生方が集まって討論や発表をされている会ですが
今回は討論会でした。
JIADSの松井先生も参加されての、色々な意見が出て皆で患者さんの治療について考えていく
それぞれにスキルレベルがあるのでこれだという治療法はないのですが、そこに
いくまでの考えがすごい参考にさせて貰ってます。

ただ、どんなに良い意見を言っても自分の臨床を発表してない先生の言葉は薄っぺらい
と思いました。

自分の臨床を写真に保存して皆の前で発表して評価を貰うことで
臨床レベルがあがっていくと思いました。

地域の歯科医師会でも患者さんの治療計画などを皆で討論出来る日がくれば良いのになあ
と思います。

近況報告終了です。
写真は新潟のスタディグループでの一コマです。

2015年3月9日月曜日

臨床歯周病学会 鷹岡先生講演

日曜日は仙台で開催された臨床歯周病学会に参加してきました。
演者は鷹岡竜一先生で「考える歯周治療」という内容でした。

自分の参加しているスタディグループで講演してもらったり
東京で年に一回開催している臨床歯科を語る会でお話をさせて貰った
ことは何度かありますが
改めてお話を聞くと本当に素晴らしい内容でした。

歯周病治療において
どこまで治せるのか、どこまでが手をつけるべきなのか
明確に説明されていて、その症例の10年後などしっかり資料をまとめて
ありました。

一つ一つの症例にしっかり向かって、経過をしっかり観察していく
中々出来ないことです。

自院において歯周治療を考えさせられた内容でした。
機会があれば、是非福島でも公演して欲しいですね。

たくさんの事を勉強させて貰い、元気を貰いました。

2015年3月7日土曜日

歯の土台について

虫歯などで神経の処置をして歯がほとんど無くなってしまった場合
かぶせ物をするのに土台が必要になります。

土台の事をコアと呼びますが、コアには種類があり
金属で作るコアをメタルコアといいます。
プラスチックで作るコアをレジンコアといいます

自院ではほとんどプラスチックのレジンコアでしかやってません。
(保険外はファイバーポストコアという特殊な土台をいれてます)

神経を取ると歯はもろくなってしまいそこに金属のコアが入ってしまうと
かみ合わせによっては割れる原因になることがあります。

多くの場合プラスチックコアの場合はコア丸ごと取れてきますが
メタルコアの場合は歯が折れてきます。

歯が折れてしまえば抜歯以外の選択肢は無くなってしまいます。
折れてなければまだ歯は使えるかもしれません。
その差は大きいです。

自分が参考にしている名古屋で開業されている先生のブログです
メタルコアの危険性について書かれてます。
参考にしてみてください。

http://eedental.jp/ee_diary/2015/03/post-1131.html

2015年3月2日月曜日

東京にてセミナー

昨日は東京にて「もくあみ会」というセミナーに出てきました。
東京は八重洲で開業しておられる金子一芳先生の主催している
セミナーです。

日曜日のみの参加でしたが、開始9時からなので前日入りしなくては
いけないのですがホテルを取り忘れていて、深夜バスにて東京入り。

大学時代は深夜バスで実家に帰ったことありますが、寝れませんね深夜バス。
多分もう深夜バスはやらないかな。。。と

内容は日常的に診療に頑張っておられる先生方が集まり様々な討論
特に犬歯の重要性に論点を絞っての内容でした。

ためになることも多く、最後は金子先生のお話でまとめだったのですが
時間が無く、ほとんど割愛されての内容、それでも80歳を超えた年齢で
多くの先生の前で発表されている姿はやはり素晴らしいと感じました。

参加された先生方お疲れ様でした。

写真は
深夜の那須塩原SA
もくあみ会様子
金子一芳先生発表風景です。

2015年2月25日水曜日

やるならちゃんと

ふとしたことで大学時代にお世話になっていた先生の書籍を目にしました。

卒後、国家試験も受かってまだ歯科医師としてはペーペーの時に
色々教わった先生です。

先生、随分偉くなったなあと思いつつも当時の会話を思い出しました。

「先生、この歯の神経の治療ですが、自分には難しそうです」

「渡辺、やる前から出来ないと言うな、けど、その慎重さは大事だよ」

「けれど、やらないと上手にならないですよね」

「患者さんは練習台ではない、自分でその処置を誰にも迷惑かけずにやろうと
思うならもっと努力してしっかり学べよ、そして努力しても出来ない治療は
「自分には出来ない」と恥ずかしがらずに言える歯科医師になる事も重要なんだよ」

今でも時々思い出す。

この治療は自分でちゃんと出来る治療であるのか。
もっと詳しい先生に相談すれば出来る治療であるのか。
それとも、今の自分では決して出来ない治療であるのか。

歯科医師になって数年たつが、日々の臨床でその見極めが本当に重要であると思う。

先生の書籍を目にして、もっともっと勉強して患者さんに満足いく治療をしなくては
いけないなあとふと懐かしく思いました。

そんなたわいも無いお話でした。

2015年2月17日火曜日

セミナーとご飯

セミナーに行きまくってる感じの1月、2月の週末です。

今、簡単な英会話を週一回、習っているのですが、
What did you do last weekend?
(週末なにしてたの?)の先生の質問に
I attended a implant seminar in Tokyo on Last Sunday.
(先週の日曜日は東京でインプラントセミナーでした)
のセミナーの部分の内容が変わるだけの答えしか出来ないほど
セミナーばっかりうけてるみたいです。

まあ、分からないことだらけなので毎回新鮮です。
分からない事が分かるって素晴らしいです。

今回はセミナー風景ではなく
帰りに夕飯を食べてくるのですが、それが楽しみで行っている感が
ある食事写真を載せてみました。

写真はセミナー後に食べた
いきなりステーキとラーメン青葉です。(同時には食べてません)

FTA5周年

先日の祝日水曜日は福岡で自分が長年参加しているグループの5周年記念講演でした。
発表された先生方の講演は素晴らしく、現在の日本の歯科会を引っ張って行ってい
る方ばかりでした。

自分も会に参加させて貰って早、5年・・・と思うと感慨深い物になります。

臨床を頑張っている先生方と多く出会い、遠い地で本当に良い仲間に巡り会えたと思います。
10周年も楽しみに微力ながら協力していくつもりです。

歯の話が出来る環境ってやっぱり素晴らしいです(o´∀`o)

写真は講演の様子と帰りの福岡空港でたべた鳥カツ丼(うまい)




2015年1月19日月曜日

東京電力事業所賠償説明会に参加

日曜日は東京電力事業所賠償説明会が県の歯科医師会であり
午後から参加してきました。

多くの先生が参加されるかと思ったので30分前に会館到着!
車をすんなり止めて。。。。あれ誰もこない・・・

自分を含めても10名足らず・・・
せっかく歯科医師会の方でこういう説明会を企画しても
あまり意味が無い感じがしました。

東電の対応や電話対応などの苦情
賠償の不備への説明補足など様々な意見が出ました。
もとの福島県には戻れないにしても、早く落ち着いてくれない物か
と切実に思いました。

今更なんだけど
ここは東北なんだけど、なぜか東京電力の説明会。
福島県民の電気は東北電力から供給されている。。。まずそこがおかしいんですけどね。
東京(関東)の事は東京でやれよな・・

写真は説明会の模様
ガラガラすぎ・・・(笑)

2015年1月13日火曜日

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

昨年は例年になく本当に多くの患者さんが来院されて、年末はヒーヒー言いなが
らの仕事納めでした。
多くの患者さんをこなせるのもワガママ院長に、頑張ってついてきてくれるスタッフ
の力が大きいのは間違いないなとシミジミ思いました。
今年もボチボチ頑張っていこうと思ってます。
よろしくお願いします。

年始の休日当番の担当された先生方、本当にご苦労様でした。

写真は大晦日の福島稲荷神社、めちゃ混んでました。


正月からは安比高原へ〜