2014年12月26日金曜日

スタディグループでの発表

先日は雪降る中、所属している新潟のスタディグループで症例発表を行いました。
毎回、発表には参加している先生方の厳しい意見を貰いますが、
たいてい撃沈して福島に帰ってくるのが常でした。

今回のテーマは自分が取り組んでいる根管治療に関しての発表を行いました。

作成に時間がすごくかかり仕事が終わってから寝るまでの数時間を使い、少しずつ作りましたが、そのかいもあって高評価を頂きました。
正直嬉しかったです。

写真は後に発表された先生の発表風景と
忘年会の様子です。

また来年も頑張りたいと思います。

2014年12月8日月曜日

仙台にて歯内療法セミナー

先日の日曜日は仙台はAER(アエル)で講演会を聴いてきました。
歯内療法という歯の中の神経の処置の治療法についての講演会でした。
自分のホームページの扉にもかいてありますが、歯があって物が食べれます。
白いかぶせ物ありき、インプラントありきでは無いのです。

歯科医院に来られる患者さんの多くは、歯の痛みです。
歯の痛みは、歯肉の腫れとこの虫歯による神経の痛みの二つによることが
多いです。

残念ながら虫歯になってしまい、歯の神経を取らなくてはならないことに
なったときに歯の中にきっちり防腐剤をつめていく処置が必要になります。
それが歯内療法と呼ばれる分野です。
神経を取った後にしっかり歯の中に防腐剤を詰めていくのは非常に難しいの
です。

歯科医師が苦手としている分野がこの歯内療法治療です。

神経をとって防腐剤を詰めたかどうか確認するにはレントゲンを撮って確認
することになります。

神経の治療が終わって確認のレントゲンを撮った後に歯の中に防腐剤が
ちゃんと入っていますという説明を受けているでしょうか?
入っていなければ入らなかった説明を受けてますか?
神経の治療をしたのであれば写真の様なレントゲンが出来るはずです。
(歯の中の神経の部屋が狭くなって防腐剤が入らない場合もあります。)

ちょっとした知識で歯科医院で自分の歯を守ることが出来ます。
参考にしてみてください。

写真は会場から写した仙台市、セミナー会場、歯の治療の前後のレントゲンになります。

2014年12月1日月曜日

講演会に行ってきました。

11月最終の日曜日は瀧野先生の講演会を聴いてきました。
瀧野先生は日本ではメジャーな歯科グループであるJIADS(ジアズ)の講師をして
いる先生です。

内容は経営にはじまり、歯周外科、インプラントという内容でした。

自分も結構色々なセミナーやスタディグループに顔出しているので、どんなもんなのかな
って思って行きましたが、内容が分かりやすく素晴らしい講演だと思いました。

主催は自分が参加している福島のスタディグループ、JIADS福島という所なのですが、
準備に大変だったと思います。
良い講演を企画してくれた、佐久間デンタルクリニックの佐久間先生とスタッフの
皆さんご苦労様でした!